送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

2013年03月20日

孤独から人を大切にすることを学ぶ

2004年4月にkemuri神楽坂を立ち上げ、3年間現場店長を務めた。最近知り合う人は、何故かなかなか信じてくれないw。

kemuri神楽坂の開店当初は社員はおろかアルバイトも1人もいなく、厨房仕込、トイレ掃除、接客サービス、仕入、経理など全て1人で数ヶ月やった。ランチ営業はやらず、18:00〜23:30のディナー営業のみだったが、帰宅するのはいつも早朝の3時くらいだった。体はボロボロだった。正直、気持ちの余裕もなくしていたと思う。それに比べれば、開店時から仲間がいるので、kemuri上海の方が楽に感じる。

「1人は孤独だった」。だから、従業員が入ったら大切にしようと思った。一緒に想いを共有しようと思った。そして、一緒に良い時間を共有した。卒業して行ったメンバーも含め、同じ景色を一緒に見た。時に悔しい景色、時には苦しい景色、時には輝かしい景色etc。

kemuri上海の初代店長として、いま再び同じことを上海の地でやろうと思う。中国人でも難しいという「飲食店の従業員マネジメント」に日々チャレンジしている。中国飲食ビジネスの人材育成で、「イノベーション」を起こしたい。当社日本法人のビジョンは「日本のおもてなしを世界へ」だ。日本が誇る「おもてなし」を中国で広げたい!皆さんぜひ応援して下さい。
ラベル:飲食店 経営 KEMURI
posted by hirokio0504 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 人的資産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。