送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

2013年06月29日

起業目指すなら履歴書が派手でもいいかもw

最近、昔の会社の先輩が出張で上海に来た折に
上海オフィスの中国人メンバーを連れてkemuri上海に寄ってくれた。
久々の再会が嬉しかった。その時ふと以下のようなことを考えた・・・。

高島さん.JPG

僕は2003年7月7日にエンレスト社を起業するまでに、
大学卒業後4つの会社を経験した。

1)ベンチャーキャピタル「ジャフコ」:関西支社でベンチャー投資を担当
2)ITに特化した投資調査ベンチャー:経営企画部門で資金調達やマーケティングを担当
3)三菱商事:生活産業グループでベンチャー投資を担当
4)携帯アプリ開発の「ソケッツ」:事業開発部門でパートナー事業提携や広報を担当

僕は留学、浪人、留年を経験している上、誕生日が5月頭と早いので、
新入社員でジャフコに入社して1ヶ月ほどで25歳になった。
起業したのは30歳の時なので、5年間で4社に勤めたことになる。

【複数の会社を経験して良かったこと】
1)かつての同僚やお客さんが、起業する際に「投資」してくれたり
「社外役員」になってくれた
2)かつての同僚やお客さんが、お店に「お客さん」として来てくれた
3)いろんな業界や会社の「企業運営方法(稟議システム、会議運営、
経費精算、営業進捗確認方法)」を垣間見ることが出来た

転職活動する際に、履歴書が派手(転職経験が多い)だと
マイナスに見られるケースもあるようだが、
「起業」を視野に入れているなら、そんなことを気にするより
「業務経験」や「人的ネットワーク作り」に重きをおいてもいいかもしれない。
posted by hirokio0504 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367862642
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。