送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

2013年08月26日

9月を問題なく乗り切れば、中国進出が再びブーム?

心配していた8月15日、日中関係に大きな問題が起きずに過ぎた。
同日、僕は上海から東京に飛行機で向かっていた。
何かあれば、すぐに上海に戻るつもりでいた。

間もなくやって来る9月18日(満州事変の発端の事件の日)が無事に過ぎれば、
中国進出ブームが2014年再び盛り上がると考える。
勿論、「製造拠点」としてではなく、「販売市場」としてだ。
いろいろあるが、アジアの中で中国は最大の販売市場で、無視できない。
人件費は確かに上がり続けているが、「少数精鋭の日本式モデル」を導入すれば、
改善の余地はまだまだあると思う。

2015年、上海は大型商業施設の開店ラッシュを控える。
飲食店や小売店の進出が増加する可能性が高い、来月日中関係が悪化しない限りは…。

昨年の反日デモが起きたのは、9月16日と9月18日。
僕がkemuri上海の物件契約したのは、真ん中の9月17日。
懐かしいな〜。フェイスブックのいいね!とコメントを合わせて400を越えた。
日本からの興味の高さを反映していたのかな?今読み返して見るとなかなか興味深い。

image-20130826111718.png

現地で自分の目で見て肌で感じる事と、日本にいてメディアを通して見る事、
には大きなギャップがある。そして、そこにビジネスチャンスがあると思う。
今の上海をより多くの人に見て貰いたい!
ラベル:上海 経営 ガイド
posted by hirokio0504 at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。