送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

2013年09月10日

飲食店の「人と人を繋げる機能」

kemuri上海、オープンから8か月が経過して、
ようやくオペレーションから離れられる日が増えてきた。
オープン当初は、厨房に入りメニュー開発をしたり、厨房スタッフに
炭焼きのレクチャーをしていた。その頃、いらしていただいた方々は、
僕がカウンター真ん中で汗だくになって焼いているのを見られた方も多いのでは?

最近は、調理と接客のオペレーションを現場でモニタリングすると共に、
ホールスタッフのユニフォーム(チャイナドレスではないですw)を着て、
お客さんと名刺交換させていただいたり、少し座って一緒に飲ませて頂いたりしている。

最近よく考える。「経営者が飲食店の現場にいる価値って何だろう?」って。
もちろん、従業員マネジメントに大きな役割を果たしたり、
顧客ニーズをダイレクトに汲み取ったりできる事も大きいと思う。
それらに加えて、「お客さん同士を繋げること」ができるのではと考えている。
これから、いろいろとチャレンジしていこうと思う。
posted by hirokio0504 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374446119
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。