送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

2014年03月17日

シフトに穴を空けない人は、頼りになる

僕は高熱があっても、仕事の約束をリスケすることは殆どない。過去5年を振り返ってみても、熱があってもシフト通りお店にシフトイン(味の感覚は鈍っているので調理はしない)するし、フラつきながらでも打ち合わせには必ず行く。今日も僕に直接予約してくれたお客さんがいらしたので、お店に行ったw。


「仕事に穴を空けないこと」って大切だと思う。飲食店でいうなら、仕事ができる以前に、勤務シフトに穴を空けないことを僕は評価ポイントの上位に挙げている(勿論お客さんに迷惑がかかるような病気なら休むべきだ)。厳しいかもしれないが、もし勤務日に休まなくてはならないなら、自ら代わりにシフトインしてくれる人を探すべきだと思う。


飲食店でホールスタッフ4人で運営する予定の所で3人になると、良いサービスがしにくくなるのでお客さんに迷惑がかかるし、一緒に働くメンバーも嫌な気持ちになる。


kemuri上海でも、上記に絡みいろいろ試行錯誤している。上手く行き始めていること、失敗していること、いずれにしても中国における人事マネジメントのナレッジが蓄積し続けている。

posted by hirokio0504 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391760082
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。