送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

2013年03月27日

適度な競争が成果に繋がる


image-20130327103312.png
大学の月間テストが戻ってきた。黒板に最高点、最低点、平均点が書き出される。俄然ヤル気が出る。負けたくないと思う。適度な競争は必要だと思う。

僕が中学生の時、各科目の「成績トップ5」を教室に貼り出す先生がいた。そこに貼られたくて頑張ったw。負けたくないライバルがいた。懐かしい思い出だな。

ちなみに僕はベビーブームの頂点である「1973年生まれ」。だから、生まれてからずっと競争を強いられて来たw。イチローや松井秀喜など、1973年前後の生まれで活躍している人は多い。競争と関連性があるように思う。

ゆとり教育、競争をオブラートに包む事、と日本の「国力ダウン」は関連性があるように思うんだな〜。黒板の出来事からも、日々の上海での会社経営でも感じるが、中国は今でも競争が好きなように思う。

ところで、昔「うさぎ飛び」をしましたか?「部活で水」は飲めましたか?この二つを「した」「しない」で、何か大きな溝があるような気がする。
posted by hirokio0504 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

20歳の時に劇症肝炎で生死を彷徨った経験

僕は20歳の時、「A型劇症肝炎」に罹り死にかけた。A型肝炎は口からウイルス感染(経口感染)する。インドにバックパッカー旅行して、フレッシュフルーツジュースを飲んだり、ガンジス川で泳いだことが原因であろう。

ピーク時?には、肝臓、腎臓、胆嚢が機能障害に陥り胃潰瘍も併発し、一時は意識障害が現れた。幸いにも潜伏期間を経て発症したのが日本だった為、タイムリーな血漿交換と人工透析、「生への強い執念」で一命をとりとめた。

二日間、意識朦朧としながら病室の天井を眺め「オレ死ぬのかな?」と思い、「これまで、お楽しみはすべて後の楽しみにしていたのに、こんな展開ってあるかよ…」と嘆いた。中学生の時は高校受験のため、高校生と予備校生の時は大学受験のため等、将来楽しい時間を過ごすために現在を犠牲にした部分があったのに、突然死はやってくるんだと、当たり前のことを当時実感した。

急性肝炎の内、1~2%だけが劇症化して劇症肝炎になると聞いた。そして、劇症化すると90%近くが死に至る、とも聞いた。めったにならないが、なると殆どが死に至る「国家指定難病」。今だに生死を分ける医学的根拠が、あまり見つかっていない模様。

この経験以来「何か事を成す為に、僕は生かされた」 と勝手に思い込んでいるw。壁にぶつかった時も、病院で闘ったあの日々を思い出せば、いつも乗り越えられる。この体験が、僕の全ての考えや行動に影響を与えていると最近改めて痛感する。
タグ:経営 旅行 健康
posted by hirokio0504 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

上海赴任直前の東北で見たこと、感じたこと(2011年12月を振り返る)

僕は約1年前の2012年1月頭から上海に赴任した。日本を離れる前に、どうしても東北を自分の目で見ておきたかったので、上海赴任直前の2011年の年末に東北東海岸を自家用車で回った。

その時…、
・言葉が出なかった。
・自分の無力さに苛立った。
・重すぎる現実がなかなか受け止められなかった。
・なぜか、東京に戻って2~3日寝込んだ。

あの時(2011年12月)にフェイスブックにアップしたものから抜粋する。

松島.jpg
松島にも少し雪が残っている。松島湾観覧船に乗り、当時の話を聞いた。津波による被害は湾にある島々が守ってくれたので、周辺地域に比べて軽く、松島のシンボル「五大堂」もほぼ無傷。泊まった高台にある宿では、館内に直した箇所やヒビ割れがそのままの箇所が随所に。宿の人に話を聞いた。高台なので津波は来なかったが、地震は凄まじかった。そして避難所として、たくさんの人が滞在していた。自分が無力である事を痛感。今は少しばかりの消費と人に伝える事をしようと思う。

門脇小学校.jpg
石巻市立門脇小学校。周りに建物は殆どない。青々しい空が虚しく思える。

南三陸.jpg
南三陸の海沿いにある4階立てマンションの屋上に登った。何と表現すればいいのか?胸が潰れそう、鳥肌が立つ。まだまだ多くの為すべき事が残っている。あと100倍の人力があれば、より早く進むと思う。企業には人件費分負担、大学には単位振替などを国はやれないかな?

朝日.jpg
南三陸に上る太陽。未来への希望。穏やかで澄み切った海が露天風呂下に広がる。

3月11日、上海の地で、自分の人生で「僕が為すべきは何か?」を今一度考えてみたい!

posted by hirokio0504 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。