送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

2013年03月11日

メニューブックがなくなるのは、良いお店の証拠?

kemuri上海、開店して2か月強が経過。オペレーション的にもだいぶ落ち着き、更なる加速を目指し、現在もろもろ調査と試行錯誤中といった段階。日曜営業、ランチ営業はいつ開始できるのか、も考え中。

最近、お店のメニューブックがなくなった。
「人が参考にしたいと思うのだから、これは飲食店として栄誉なことである」と飲食店経営者仲間がかつて言っていた。だから、なんとも複雑な心境だ...。でも、従業員みんなで知恵を出し合い、手間をかけて作ったメニューブックなので、やはり腹立たしい!なかなか「仏の心境」には至れないよねw〜。

メニューブックを持ち帰るのって、ちょっと行儀が悪いな〜と思う。僕は「いいな!」と思うメニューを飲食店で見たら、メニューの写真を携帯で撮って学びにする。飲食店のメニューや価格って、別に著作権や商標など権利があるわけじゃないので、お互いにどんどん切磋琢磨しあえばいいと思う。でもメニューブックを持ち帰るのは「アンフェア」だと思う。なくなったお店は、とても残念な気持ちになっているはず。

社内の経理システムや発注システムを作るときに「不正が生じにくい仕組みを経営者は作らなくてはならない!」とよく言う。これと同じように考えて(持って帰りにくい仕組み作り)、メニューブック裏側にテーブル番号をナンバリングをしてみた。中国人スタッフは「良いアイデアだ」と喜んでくれたが、どうなることやらw...
メニューブック.jpg



ラベル:KEMURI 上海 経営
posted by hirokio0504 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | kemuri上海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

ブログ始めました!kemuri上海の岡田博紀

ブログを始めました。はじめまして(はじめてでない人もw)岡田博紀@上海です。
最初のエントリーは2012年12月31日オープンの「江戸前炉端焼kemuri上海虹橋店」の紹介です。

●web内観B卓&E卓.JPG

東京神楽坂の「江戸前炭火焼kemuri」の中国進出第1号店。
kemuri上海のコンセプトは、「高品質の食材」の「素材そのものの味」を「気持ち良い接客(おもてなし)」で提供し、「感動と健康」を創造する。
〜お腹だけでなく、心も満たしてくれる空間〜 kemuri gets in your heart

kemuri上海の看板メニューは、野菜ソムリエが厳選した野菜炉端焼、魚介炉端焼、特選肉炉端焼、燻製料理、特選鍋(キノコ麻薬鍋)。「江戸前寿司」は生の魚ではなく、仕事のしてある魚をすしネタにして、すしを握ります。当店も同じように、ただ生の野菜や肉を焼くのではなく、仕事をしてある野菜や肉を提供しています。野菜の面取りをしたり、美味しい部分だけを切り出したり、火の通りをよくするために切り込みを入れたり、軽く煮たり、ゆがいたりして、美味しくいただけるための工夫がしてあります。



kemuriのBGMは、kemuri神楽坂発の人気コンビレーションアルバム「コトノハ」を中心に、ホッとできる日本の名曲(ジャパニーズ・スタンダード)のカバーで構成しています。料理や内装と併せて、お楽しみください。
posted by hirokio0504 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | kemuri上海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。