送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

2015年05月01日

ノマド的働き方でカフェに求める事

昨日、アポイントとアポイントの間で立ち寄った新宿のカフェ「Caffice」。Coffee+Officeから来ているであろう店名が、ユーザーに機能を容易に想像させるのが素晴らしい!

このようなシーンで僕が求めるのは、
・不味くないコーヒー(格段に美味しくなくてもいい)
・電源コンセント(PC用とiPhone用に出来たら2個以上)
・やや涼し目のエアコン(寒い人は着れるけど、暑い人は脱げないから)
・無料WIFI(ユーザー登録不要、携帯キャリアの物以外)
・うるさ過ぎない音響と客層
このお店は全てが合致していた。
714D15EE-E4AF-4B88-BD75-B7896BA844AF.jpg

コーヒーの値段、現在の540円でも十分安いと思う。値上げ後(昨日)も満席であるのが、その証拠だと思う。前は400円だったんだ…。安目の値段で始めてみて、客数を見ながら値段を上げて行くのは、上手いやり方だと思う。ユーザー数が減り出す直前が適正価格なんだろうけどw、この辺の匙加減がなかなかに難しい。
FD753BD8-2FFE-4407-9451-74C0CE0ACC3B.jpg

色んなスタイルの新しい働き方が広がっている中、このようなカフェがどんどん増えるといいな。そして、商売の勘定もしっかり合って、長く続いて欲しいと思う。ところでカフェって、本当に従業員が集めやすい業態なのかな?
posted by hirokio0504 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

「計数比較」から見る東京と地方都市

夏休みを利用して、上海から金沢の実家等に滞在した。1週間弱、金沢で日本食(広義)を食べ歩いた。飲食店経営の計数について、東京都内と金沢を比較しながら考えてみた。
nishi.jpg

1)売価
東京都内より金沢の方が、何と!「20%くらい」高いかもと感じた。つまり、「消費者にとっては」東京都内の方がお得、「経営者にとっては」金沢の方が儲けやすいかも。東京都内は長いデフレの間に、飲食店同士の過当競争が起こり、世界でもトップクラスの「お得な価格で飲食店が楽しめる街」になっていると思う。この事実に海外の人たちも気づきだしている。

2)原価
これは、東京都内と金沢であまり変わらないのではと想像する。金沢の方が生産地に近く安く仕入れられるかもしれないが、東京都内の方が競争(卸売会社間の)があるので、あまり変わらないかも?

3)人件費
金沢のアルバイトの時給は850円くらい(複数の募集広告を見た)。昨今の東京都内は人材不足に喘いでおり、都内では1,000円以上の募集が一般的かと。これから、社員の給与水準を推測するに、金沢が東京都内より15〜20%くらい安いのではと思う。しかし、東京に比べて生活コストが安い(特に住宅費用)金沢の方が、社員の生活は豊かといえるかもしれない。

4)賃料
当然、場所にもよるだろうが、金沢の賃料は東京都内の1/4〜1/2程度ではないかと思われる。


飲食店経営において、大きなウエイトを占める費用は、原材料(売上比25〜35%)、人件費(売上比25〜35%)、賃料(売上比10〜15%)。売上を含めた主要数値である上記1)〜4)を見ると、金沢の方が東京都内より有利と言えるのかもしれない。

しかし、大きな「落とし穴」もあるのでは。金沢の人口は東京都内に比べだいぶ少ないので、大きな客数が見込みにくいかもしれない。東京都内の繁盛店は、ディナーで3回転(ディナー営業時間中に同じ席に時間差で3人のお客さんが座る)以上するお店も沢山ある。金沢では19〜21時をコアタイムに、1回転程度ではないだろうか?

東京都内と異なり、金沢では値段を下げたところで、客数増が見込みにくいのかも?それであるなら、「値段を下げることは売上減に繋がるので、やらないでおこう」という考えなのかも?金沢では、ビールやハイボール等のアルコールの価格破壊が、あまり起こっていないように感じた。

上記は、実家のある金沢で食べ歩き、僕が個人的に感じたことや想像したことを備忘録がてらまとめたに過ぎない。間違っていることがあっても、ご容赦いただければと。

金沢が一層好きになった旅だった。いつの日か金沢で飲食店やるのもいいな〜と考えた。さあ、これから上海に戻ります。
posted by hirokio0504 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

やはり「日本の飲食店は安い」と思う

木曜日に2ヶ月半ぶりに日本に戻った。改めて、東京の飲食店の価格は安いな〜と思う。これは消費者にとっては嬉しいことだが、飲食店経営者にとっては辛いことかもしれない。外国人観光客は日本の安くて美味い食を楽しみにやってくる。

昨日昼、神楽坂で寿司ランチを食べた。
3B3822FE-09E2-4B61-984F-C4BA31743311.jpg
これに小鉢2つがついて1,200円は安くて驚いた。上海だと2倍の2,400円はすると思う。つまり「利益構造」でいうと、東京でやるより上海でやる方がいいということになる。上海では、売価が変わらないもしくは日本より高く売れるのに、人件費は日本の1/3〜1/2で済む。当然に利益率は日本より高くなる。

じゃみんな海外で飲食店をやった方がいいのか、というと必ずしもそうではない。利益構造で言うと、前述のように海外の方が日本よりいいかもしれない。しかし、騙されるリスク、許認可にかかる煩雑さ、生活の不便さ&ストレス、など「損益計算書に現れないリスク」も多数存在する。

「海外でビジネスやると、分からないことだらけだし(商慣習や言語や政府対応)、ストレスも多いし(従業員マネジメントや生活面)、日本より利益率高くないとやってられない」という言葉を耳にするが、その通りだなと思う。

ビジネスをするのは海外、生活をするのは日本、の組み合わせができたらな〜と思う(笑)。

posted by hirokio0504 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。