送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

2013年06月14日

京都でニューヨーカーと話し考えた

京都で割烹に一人で入ったら、カウンター席に通された。
隣にいたニューヨークから一人旅で来ているという人と会話が盛り上がった。

image-20130614125943.png

そのアメリカの人との話を通じて考えた事。
1)言葉(ここでは英語)が出来る、っていいなと改めて思った。
次は中国語の習得を頑張ろう!

2)「日本の食は本当に素晴らしい。何を食べても美味しい。」と言っていた。
値段も安いから消費者にとっては天国。でも経営者には大変かもw。
僕が上海に行くのも、自然のことなのかもねと。
やはり【日本の食は国際競争力がある!】

3)JRの1週間乗り放題のパスが便利らしい。新幹線にも乗り放題の模様。
このような施策で、外国人を日本に呼ぶことをどんどんやってほしい。
放っておいたら、人口減少に伴いマーケットがどんどん縮む。
外国人を取り込みドラスティクにマーケットを広げる必要があると思う。
ラベル:旅行 経営 飲食店
posted by hirokio0504 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

マイル特典旅行にお勧めのクレカ

どの業界に勤務していても、『今の』上海は見てほしいな〜。
日本の将来を考えるヒントが満載だと思う。

上海は観光で来るにも楽しい街。
上海蟹(10〜11月)、小籠包、焼小籠包、上海シノワグッズの買物、
茶芸館で本格中国工藝茶、川沿いの綺麗な夜景みながらクルーズ、
激安足裏マッサージ三昧、リニアモーターetc.

マッサージ.jpg
[写真は足裏マッサージのお姉さん]

航空券はマイレージを使えば発券手数料の数千円のみ。
セゾンカード × UA」を一年貯めれば、アジア往復のマイレージが貯まると思う。
クレジットカード利用でマイルが貯まり、換算レートが凄くいい。
年間でアジア往復航空券が1〜2枚手に入るはず。

換算レートがいいので、ゴールドカードにするか
レギュラーカードのアップグレードがお勧め。

UA(ユナイテッドエアーライン)はスターアライアンスのメンバーなので、
他のメンバー航空会社のマイレージ特典にも使える。
ANAのフライトもUAにまとめて貯めれるし便利。
さあカードを作って、マイル貯めて、上海へw。

ところで、まだインターン募集しています。
詳しくは⇒
ラベル:ガイド 旅行 上海
posted by hirokio0504 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

初めての人向け「上海ガイダンス」

上海夜景.jpg

【飛行機】
・羽田⇔上海虹橋(ホンチャオ)が便利だが、本数が少ないので取りにくい。また値段も成田⇔上海浦東(プードン)便に比べて高い(2万円程度かな?)。上海で滞在するホテルにもよるが、成田⇔上海浦東(プードン)便をとって、目的地までタクシーで移動することを僕は薦める。

・朝や夕方の通勤ラッシュ時間を避ければ、1時間300元(約4,000円)以下で中山公園エリアや古北エリアに行けると思う。グループで来るなら、上記金額を頭割りできる。僕もかつては「リニアモーター+地下鉄」を使っていたが、乗り換えが意外に歩くことと、タクシーの方が早いので、浦東空港からの移動にはタクシーを薦める。


【タクシー】
・タクシーの運転手に「行先の住所」を見せても辿り着けない場合が多い。上海では「延安西路 × 水城南路」というように交差点で伝えるのが一般的。そして、その付近に行ったら、ジェスチャー等で右折とか左折とか、ここで停車とか伝える。僕もかつて、住所を紙で渡していたので、大変に苦労したw。

・上海のタクシーは基本的にメーターを倒しての明朗会計なので安心。通勤時間と雨が重なるとタクシーがなかなか捕まらない。そういった時「白タク」が登場するが、トラブルの可能性があるため熟練者以外は避けるべきであろう。もし、乗るなら先にお金を渡し、トランクに荷物を入れない。


【交通事故防止】
・信号無視が当たり前なのに加えて、日本と違い「右折車が赤信号でも進める」ので、日本人には恐怖。決して携帯電話の画面を見ながら横断歩道を渡ってはいけない。僕は今でも右左をキョロキョロし続けながら渡る。

・もし、交通事故に巻き込まれた場合、パスポートを見せるようにするといいらしい。お金を持っていないと見られると、救急車も呼んでもらえないこともある模様(同伴者が病院代を払わなくてはいけないリスクを避けたいから)。

・パスポート、クレジットカード付帯の海外保険ガイダンスは常時携帯するのが良い。カード保険は「盗難保険」も概ね含んでいて便利。日本語で必要書類や日本語の通じる近くの病院を紹介してくれる(予約も取ってくれる場合あり)。

・歩道にある「マンホールの丸い蓋」などは避けて歩くのが賢明。壊れていて落ちても、誰も賠償に応じないだろう・・・。


【携帯電話】
・例えばソフトバンクiPhoneの場合、チャイナユニコムが提携先。空港に降り立ったらチャイナユニコムを指定しよう。「自動選択」にしておくと、途中で提携していないキャリアに切り替わる場合があり、数十万円の通信料が請求されパケ死する場合も。日本にいる時に、提携先キャリアを確認しておこう!

・提携先キャリアの場合、パケ放題が適応される(1日2,000円とか3,000円)。この「1日の基準」は日本時間の0時〜24時で算出されるので注意。

・上記、日本からの「国際ローミング」の際はツイッターやフェイスブックにも問題なくアクセスできる。しかし、ホテルの回線などでは、VPNを使わないとアクセスできない。

・通話料は高いので、携帯メール(通信料)を薦める。日本からかかってきた電話も、こちらが海外料金を負担する。日本からかけている人は国内通話料のみ(の筈)。「今かけなくても…」という電話がかかる場合もあるのでw、最初は応答せずにメール等で海外にいる旨伝え、急ぎのようならかけ直すのもあり。

・iPhoneの地図アプリはとっても便利で重宝する。しかし、海外ローミングの場合、電池の消耗がやたら早い。位置情報の設定を都度ONにするか、外付バッテリーの持参を薦める。


【両替】
・通貨は人民元のみ利用可。日本円からの直接両替がおすすめ。銀行や空港で両替できる。空港に着いたら、タクシー代やカードが使えないお店用に1〜3万円両替するのがよいかと。「両替手数料」は為替レートに含むというよりも、1回あたりで別途チャージされることが多いので、グループでいる場合、まとめて一度で交換するのもよい(両替伝票が人数分必要な人を除く)。両替にはパスポートが必要。

・3,000円以上の客単価の店や宿では、クレジットカードが使えることが多い。しかし、殆どVISAかMASTERのみ。AMEX、JCB、Dinersはあまり使えない。


【その他】
・上海では水道水は飲めない。ミネラルウォーターをコンビニ等で購入するとよい。飲食店で出される無料の水がまずい場合やお茶が水道水から作られている場合があるから注意。ほとんどの飲食店で、ミネラルウォーター持ち込みはOKのように思う。

・トイレットペーパーのないトイレや切れているトイレがあるので、必ずティッシュを携帯する。紙は便器に流すと詰まって大変なことになる場合があるのでw、必ずゴミ箱に捨てる。

・電源は中国全土共通で220V、日本は100Vが主流(?)。コンセントに「100V」と書いてある日本のものを使うと壊れる。「100V〜240V」のものは使えるかと。差込口が日本と同じ形状のものと異なる形状のものがあるので、念のため「形状変換アダプター」の持参を薦める。

・もし友人の家や安いホテルの水道水で洗濯するなら、水が黄色を帯びている場合があるので、白地の服(含む下着)の持参は避けた方が良い。高級ホテルやクリーニングを利用するなら問題ない。

・日本語(古北エリアでは少し通じる)も英語(高級ホテルや空港では通じる)もあまり通じないので、筆談かガイドブックを見ながら中国語で話すのを薦める。伝わりやすいコツはw、「大きな声で」「早口で」「偉そうに」らしいw。
ラベル:上海 旅行 ガイド
posted by hirokio0504 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。