送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

2015年05月01日

ノマド的働き方でカフェに求める事

昨日、アポイントとアポイントの間で立ち寄った新宿のカフェ「Caffice」。Coffee+Officeから来ているであろう店名が、ユーザーに機能を容易に想像させるのが素晴らしい!

このようなシーンで僕が求めるのは、
・不味くないコーヒー(格段に美味しくなくてもいい)
・電源コンセント(PC用とiPhone用に出来たら2個以上)
・やや涼し目のエアコン(寒い人は着れるけど、暑い人は脱げないから)
・無料WIFI(ユーザー登録不要、携帯キャリアの物以外)
・うるさ過ぎない音響と客層
このお店は全てが合致していた。
714D15EE-E4AF-4B88-BD75-B7896BA844AF.jpg

コーヒーの値段、現在の540円でも十分安いと思う。値上げ後(昨日)も満席であるのが、その証拠だと思う。前は400円だったんだ…。安目の値段で始めてみて、客数を見ながら値段を上げて行くのは、上手いやり方だと思う。ユーザー数が減り出す直前が適正価格なんだろうけどw、この辺の匙加減がなかなかに難しい。
FD753BD8-2FFE-4407-9451-74C0CE0ACC3B.jpg

色んなスタイルの新しい働き方が広がっている中、このようなカフェがどんどん増えるといいな。そして、商売の勘定もしっかり合って、長く続いて欲しいと思う。ところでカフェって、本当に従業員が集めやすい業態なのかな?
posted by hirokio0504 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

台北 日本料理店視察

上海から5日間、台湾の台北に視察に出掛けた。
1265CD54-5808-4F59-8FEA-53231095233B.jpg

【きっかけ】
中国ビジネスやる者として恥ずかしながら、台湾を一度も訪問したことがなかった。諸先輩方々から中国大陸を理解するためにも、台湾訪問をこれまで勧められてきた。台湾は日本と大陸(中国)の間に位置的にあり、文化的にも当てはまる。大陸でビジネスやるなら、台湾経由がオススメとも言われていた。
C31471BA-E79D-426B-A4F9-7478EA88CF53.jpg

【生活面で感じたこと】
大陸から来てみて最初の印象は、日本に戻ってきたみたいな感じをまず抱いた。マナーが日本並みで、日本語の表記も多い。タクシーの運転手さんは丁寧に返事をしてくれるし車内も綺麗。街中で痰吐きを見かけることも殆どない。中国語のボリュームも適度で、全く耳に引っかからない。飲食店なども基本的に禁煙で、タバコを吸わない人には快適。反日映画はやってなく、反面日本のグルメ番組や旅番組を延々と放映している。
5DBA917C-460B-47B3-8730-8C2765CE43F1.jpg

【台北の言語】
僕ははじめ、台湾の人は基本的に台湾語で話し、中国語(普通語)は理解できると考えていた。しかし、実際は台湾人同士も中国普通語で話していた。台湾の南や年配の人は台湾語で話す人も多いとのこと。街中には日本語表記も多く、日本語を話すと笑顔が帰ってくることが多い(これは大陸とは真逆と言えるかも)。
E856EB54-770C-4740-A2BD-A481E00632EA.jpg

【台北旅行の楽しみ】
台北には観光スポットはあまり多くないかもしれない。しかし、とにかく食が素晴らしい!美味しいものが山ほどある。滞在中、お腹が空く余裕がなかった。台北グルメ情報については僕のフェイスブックを参照下さい。
11E7165C-77EF-4295-AF00-A77CC6C6C8F5.jpg

【日本からの飲食店出店について】
ここでは詳細は割愛するが(興味ある方は個別に聞いて下さい)、数値上は飽和状態に見えるかもしれないが、日本の文化がこれだけ浸透しているので、チャンスありだと思う。日本料理店「kemuri神楽坂」の台湾店も、これから超前向きに検討したいと思う。
A1F68CBD-FC44-4B2F-845C-F2F944194490.jpg
posted by hirokio0504 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

金沢グルメ情報のオススメ本

先週土曜日(3月14日)に北陸新幹線が開通し、東京・金沢間が1時間以上短縮された。
会社等の営業エリア区分では、金沢は広義では「関西エリア」に含まれていたが、
新幹線開通で「関東エリア」に変更する会社もあると聞いた。
「東京一極集中」が一層加速するだろうと、金沢出身の僕は少し複雑な気持ちになった。

日本を訪問する外国人は、初めての場合は東京、京都、箱根(富士山)などを
訪問するが、何度目かの訪問では積極的に地方都市にも出かけている。
外国人向けの日本国内飛行機の割引券や新幹線乗り放題パスなでも後押ししていると思う。
金沢で飲食店「kemuri」を開いて、地元の人、東京からの観光の人、海外からの観光の人を
ターゲットにするのも面白いかもと考えた。

僕が金沢出身ということで、最近金沢のグルメ情報の問い合わせが増えてきた。
しかし、17歳くらいまでしか金沢で過ごしていないので、残念ながらあまり役に立てない。
友人でありフードアナリストの「あすかりん」の本をお薦めします。
タグ:生活 KEMURI 金沢
posted by hirokio0504 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。